WORK FOR 東北(ワークフォー東北) - ともに働く。ともに育つ。

復興、そして、その先へ~キャリアを生かして未来をつくる仕事を~ 日本財団「WORK FOR 東北」説明会

東日本大震災から4年半。
東北の各地では、住まいやインフラの復旧・復興と並行して、新しいチャレンジが始まっています。

震災後の東北には、それぞれの地域で顕在化した課題を解決しようと取り組む挑戦者が、数多く現れました。

新たな産業を起こして地域経済を活性化する
高齢者や子どもが住みやすく誇りを持てるまちをつくる
住民の絆をつなぎ、一人一人を認め合う生き方を考える

こうした東北での取り組みは、日本社会の新たなあり方を模索する挑戦でもあるのかもしれません。
そして、これらの挑戦の多くは、官と民、行政やNPOや民間出身者など、様々な立場のプレイヤーが協働し、経験と知見を出し合って進められています。

ビジネスの経験や専門性を生かして、地域と社会の未来をつくる。
そんなキャリアの描き方を、一緒に考えてみませんか。

開催概要

日時
2015年11月18日(水)19:00~21:00(開場18:30)
会場
日本財団ビル1階バウルーム (東京都港区赤坂1-2-2)
http://www.nippon-foundation.or.jp/about/access/
主催
日本財団
運営
「WORK FOR 東北」事務局
(日本財団、一般社団法人RCF、NPO法人ETIC.、NPO法人HUG)
定員
50名
お申し込み
お申し込みフォームより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

※本事業は復興庁との協働事業となります。

タイムテーブル

19:00~ 第1部  「WORK FOR 東北」について
1)復興の現状 
2)「WORK FOR 東北」とは
3)「WORK FOR 東北」のこれまでの事例の紹介
19:10~ 第2部  パネルディスカッション
[テーマ]
 キャリアを生かして地域と社会をつくる

[パネリスト]
 村上 忠範 氏(石巻市6次産業化・地産地消推進センター 産業復興支援員)
 山口 里美 氏(一般社団法人RCF UBSコミュニティ支援プロジェクト  マネージャー)

[ファシリテーター]
 青柳 光昌(日本財団「WORK FOR 東北」事業統括)
19:40~ 第3部 被災地受入団体プレゼンテーション
[参加予定団体]
岩手県岩泉町、岩手県山田町、宮城県石巻市、宮城県石巻市6次産業化・地産地消推進センター、
宮城県女川町、福島県浪江町、一般社団法人ふくしま連携復興センター、NPO法人ETIC. 他
20:30~ 第4部 個別相談会

※時間、プログラム、登壇者、出展団体等は変更となる場合がございます。

お申し込み終了しました。

第2部  パネルディスカッション

パネリスト紹介

Photo

村上 忠範氏
石巻市6次産業化・地産地消推進センター 産業復興支援員

岩手県陸前高田市生まれ。大学卒業後、メーカーでの36年にわたる会社員生活の間、一貫して海外事業運営を担当。海外で販売会社社長としての経営経験も有する。
東日本大震災後帰国し、「WORK FOR 東北」と株式会社ビズリーチが行った合同募集の新聞記事で被災地復興に携わる人材募集を知り、2014年8月に設立した石巻市6次産業化・地産地消推進センターの産業復興支援として採用された。現在はセンター長としてセンターを統括するだけでなく、海外赴任経験で培った語学力やネットワークを活用し、市の水産物等の販路を世界中に広げるべく、企業の輸出支援などを担当している。

Photo

山口 里美氏
(一般社団法人RCF UBSコミュニティ支援プロジェクト マネージャー)

大学卒業後、青年海外協力隊・村落開発普及員としてタイ東北部で活動。帰国後は、ドキュメンタリー番組制作会社で番組企画のプランナーとして10年間勤める。震災直後は石巻でのボランティア活動に参加し、中長期的かつローカルレベルで復興に関わる必要性を実感。2012年8月よりRCFの釜石コミュニティ支援事業に参加。
そのノウハウを基に、復興支援員「釜援隊」の立ち上げ・育成とマネジメント体制のサポートをしつつ、市民セクターの活性化、中心市街地活性化、観光プラットフォーム構築などに携わる。

ファシリテーター紹介

Photo

青柳 光昌
(日本財団「WORK FOR 東北」事業統括)

1991年に日本財団に入会。阪神淡路大震災後の復興支援活動にはじまり、障害者の移動困難の解消、NPO支援センターの強化といった市民活動のテーマに取り組む。 2011年3月の東日本大震災後には、財団内に立ち上げられた支援センターのリーダーの任に就き、企業や行政と連携した数多くの支援事業に携わる。 独ダイムラー社との協働で東北のビジネスリーダー育成のための奨学金プログラムの創出や、復興庁との協働で実施している「WORK FOR 東北」プロジェクトなどを通じて、人材の視点から地域づくりに取り組んでいる。

お申し込み終了しました。

PAGE TOP

第3部 被災地受入団体プレゼンテーション
第4部 個別相談会

参加予定団体

岩手県岩泉町

おっきな町でたくさんのチャレンジ創出!
浜と中山間地が生き残るための人と宝を活かす未来のモデルづくり人材募集!!

津波からの復興に向けて加速する浜、世界一の透明度を誇る地底湖がある「龍泉洞」、そして総面積93%を占める森林。
自然と共生した地域が、人口減少社会のど真ん中で生き残りをかけ、新しい起業モデルを進めています。
あなたの思いとひらめきが、新しい岩泉を創ります。

Photo

<メンバーからひとこと>
Photo

現在、この協議会では、地元うれいら商店街の活性化、龍泉洞等のジオパークの推進、精神障がいを持つ方の社会参加支援など、メンバーそれぞれが、これまでの経験と、今後のビジョンにあったテーマで、町民のみなさんと一緒に活動を進めています。
あなたのこれからのキャリアと岩泉の未来を一緒に切り拓いていきましょう。

岩泉町地域づくり支援協議会 事務局長 菊池 司

<募集案件>
岩泉町地域づくりコーディネーター
各地域の資源をビジネスに結び付けるコーディネーターおよびマネージャー
浜の市場の企画運営
地域資源を活用した産直、食堂、加工、加工体験、浜の市場等の企画運営
岩泉の森林コンダクター
持続可能な林業モデル構築に向けたFSC森林認証の推進や木材流通の活性化

宮城県石巻市

「世界の復興モデル都市」実現に向けたまちづくりのため、設計・施工管理・マネジメントを行う人材を求めています!
 最大の被災都市である本市は、世界の復興モデル都市を実現するため、復旧・復興作業を推進してまいりましたが、その復興業務は今まさに最大の繁忙期を向かえています。土地区画整理・市街地再開発・復興公営住宅事業など、被災地の復興事業を直接担当し経験することは、大きな財産になります。

Photo

<メンバーからひとこと>
Photo

民間企業で培った経験を活かし、主に集団移転事業として半島部(石巻・牡鹿・雄勝・河北・北上地域)に新たに造成する住宅団地の上水道整備の設計積算・施工監理を担当し、速やかな復興に携わっています。本業務を通じ、多視点的思考の養成や技術力の向上、全国の事業体から派遣されている職員との人材交流、キャリアの形成など、人材育成が行えます。
また、石巻市は世界有数の水産都市でもあり、新鮮な魚介類とおいしい地酒を堪能し業務に励んでおります。

石巻市復興事業部集団移転推進課 技術主幹 須崎 岐嗣

<募集案件>
石巻市復興事業部
(基盤整備課、市街地再開発整備課、区画整理第1・2課、集団移転推進課、用地課、用地管理課、復興住宅課)

①復興事業に関する土木工事の施工監理マネージャー ②復興事業に関する用地交渉・契約事務担当

宮城県石巻市6次産業化・地産地消推進センター

『6次産業化』をキーワードに、様々な業務に関わるプレイヤーを求めています!
2014年8月に開設した「石巻市6次産業化・地産地消推進センター」では、石巻市産品の販路拡大や新商品開発をはじめ、事業者への支援や地域の情報発信など、様々な事業に取り組んでいます。
石巻の農林水産業の高度化に興味がある方、石巻で働いてみたい方、一緒に頑張ってみませんか?センターで働いて得られる人脈、経験はあなたの次のステージでも役に立つ、一生の財産になります。

Photo

<メンバーからひとこと>
Photo

6次産業化を目指す事業者への支援員派遣のコーディネート業務をメインに、様々な事業に携わっています。民間で培った企画・営業やコンサルティングなどの業務経験や農業生産・流通の経験を活かせる業務はとてもやりがいのある仕事です。
石巻には新鮮な魚介類や美味しいモノが沢山ありますが、その魅力を全国各地へ伝えるモノづくりを通じて、人とのご縁や自分自身のキャリアにつなげることの出来る、貴重な機会となっています。

石巻市6次産業化・地産地消推進センター 産業復興支援員 桜井 一美

<募集案件>
大規模園芸施設の運営体制の構築や販路を開拓するマネージャー
運営会社の経営支援及び栽培されたパプリカ・トマトの販路開拓支援
市内の加工業者の販路を開拓する支援員
石巻の農林水産物を使用した新商品開発や販路開拓支援
新設予定の観光交流施設を運営するマネージャー
マーケットの企画運営・テナント誘致、運営会社の内部管理の総括

福島県浪江町

「はじまりの町」。あなたのやり方で一緒に作り上げませんか
浪江町では、平成29年3月の帰還開始を目指して町内の整備を進めています。原子力災害で全町民が避難する中での、農業再生や復興拠点の整備、復興業務全般のマネジメント。他にはない大変さはありますが、それ以上の達成感もあるはずです。復興に前例はありません。あなたのやり方で、一緒に町を作り上げていきましょう。

<メンバーからひとこと>
Photo

東日本大震災や原発事故後、様々な困難な状況下で除染後の農地をいかに保全管理し、そして営農再開に繋げていくかを、農家の方たちと共に考え活動し、また支援できるかという前例のない取り組みを行っています。その取り組みの中で、農家さんから感謝の言葉をいただいたことや、営農再開に向けた水稲や野菜の実証栽培で田植え、稲刈りや収穫等に参加することに大きな励みや喜びを感じています。

浪江町産業・賠償対策課  岩尾 恒雄(復興庁市町村応援職員)

<募集案件>
復興拠点施設整備 技術職員
公営住宅、診療所等の設計監理
帰還に向けた復旧・復興業務ディレクター
避難解除に向けたプロジェクトの進行管理
「浪江町農業再生プログラム」コーディネーター
農業者の営農再開サポート

NPO法人ETIC. 「右腕プログラム」

ETIC.の「右腕プログラム」では、東北の様々なフィールドでプロジェクトを立ち上げたNPO、企業などのリーダーのもとへ、そのビジョンに共感し共に事業を推し進めていく人材を「右腕」として募集しています。これまでに、約120のプロジェクトで200人以上が活躍し、1年間の「右腕」としての活動後、起業、独立、転職などそれぞれの道へと進んでいます。
新しい東北の未来、そして次の時代の日本に必要とされる新たな経済・生活・地域のカタチを、東北のリーダーとともに創りませんか?

<メンバーからひとこと>
Photo

スタートアップの集積地、東北へ!
10年後の日本を想像した時に、進みゆく高齢化や人口減少をはじめ、変革期にある教育、エネルギー・食料の自給問題、地方自治のあり方など、様々な面で今とは違う社会になるでしょう。その社会を今よりも魅力的なものにするために、いま東北で生まれている課題解決のアイディアが、多くの可能性となるはずです。課題解決の現場で身をもって体感したい、そんな方を募集します!

NPO法人ETIC. 事業統括ディレクター 山内 幸治

<募集案件>
石巻発!車を使った社会貢献モデルのプロデューサー
仮設住宅での送迎活動プロデュース、行政・企業と連携した企画作り
「仮設きずな新聞」のプログラムコーディネーター
地元の方が参加しやすいボランティア・プログラムや編集講座の実施

お申し込み終了しました。